So-net無料ブログ作成
検索選択

うつ病患者復職準備度尺度

復職デイケアに取り組んでいる三重大学グループの「うつ病患者復職準備度尺度」Restoration Readiness Inventory in Depression(R2ID)] v.2.0を紹介します。まだ開発中です。

岡崎祐士、西田淳志、伊藤雅之:うつ病で病休・休職中の患者の「復職可能」診断をめ ぐって-うつ病患者復職準備度尺度試案-臨床精神医学 35(8):1059-1067, 2006

[評価領域・分野・事項]
評価領域はI、II・・・、分野は1,2・・・、事項は①、②・・・で示す)
IとIIはその領域の該当項目数で、IIIからVIIは評価段階(重症度)によって、復職準備度を表す。大きい項目数または高い評価段階ほどよいことになる。異なる評価領域、評価分野、評価項目が同じ重みであるとはいえないので、将来は総合判断する際の重み付けの検討・設定が必要になる。

I.現在の全般健康状態・・・・・該当項目に○
 1.雰囲気が明るい、存在感がある
 2.顔色・肌つやがよい、表情に張り
 3.語尾明瞭で、声に張り
 4.動きに切れ、体に充実感
 5.寝起きがよい
 6.おいしく食べる
 7.満腹するとすこし眠気、居眠り
 8.微熱・風邪気味は2週間以上ない
 9.お腹が安定(下痢・軟便は2週間以上ない)
 10.口や喉はカラカラにならない
 11.自然に外出、次の予定がある

Ⅱ.睡眠とリズム・・・・・・該当項目に○
 1.入眠に苦労しない、またはいつの間にか入眠する
 2.途中覚醒1回以下、目覚めてもまもなく眠れる
 3.悪夢、多夢、寝汗の眠りがない
 4.自然な起床時間で、寝起きがよい
 5.ぐっすり眠った感じがあり、日内変動(午前型/午後型)も
   目立たない

Ⅲ.疲れやすさ(ストレス反応性とストレス耐性)・・・・・凡そ該当する評価段階に○

 1.日常作業による過敏・疲労反応

 ①見る/読む作業
  0.新聞・雑誌は見たくもない
  1.新聞・雑誌は目次を見るだけ
  2.長い記事もよむ、少なくとも1つの記事を最後まで読む
  3.新聞・雑誌を全体にわたって目を通す
  4.新聞記事を通して読める、文庫本を数日で1冊読み上げる
  5.単行本を複数冊つづけて読み上げる

 ②キーボード・書く作業
  0.ペン・鉛筆、キーボードに触りたくない
  1.転記、キーボードで文書見ながら入力できる
  2.短い文章が作れる
  3.与えられたテーマの作文、返事や便りが書ける

 ③.テレビ
  0.音がうるさく感じテレビの前に行かない・スイッチを切る
  1.ついているテレビは何となく見る
  2.ニュース・バライエティーは見る
  3.ドラマや座談会を筋を追って見る
  4.好きな番組を見るようになった

 ④.趣味
  0.何もしたくない、面白いことは何もない
  1.趣味のことを考える
  2.趣味を少しやってみる
  3.趣味をやるために用をする(外出、買い物)
  4.趣味のため知人等に連絡したり会ったりする

 ⑤.家事
  0.横になっていることがほとんど
  1.自室の片づけ、掃除機
  2.家の掃除・食器の片づけを手伝う(主婦/夫を兼務の場合、
    食事の片づけ程度)
  3.浴室の掃除をする(主婦/夫を兼務の場合、
    出来合を買うなど簡単な食事ならできる)
  4.買い物のお使いをする(主婦/夫を兼務の場合、
    朝食の準備ができる)
  5.家族と買い物に一緒に出かける(主婦/夫兼務の場合、
    夕食の献立、買い物、料理が自然にできる)

 ⑥.運動
  0.食事やトイレ以外ほとんど横になっている
  1.昼間起きている時間が多い、入浴はおっくう
  2.入浴はほぼ毎日、外出もできる
  3.昼間の外出可能、屋内で軽い運動
  4.運動のための散歩、プール・ジムに行く、趣味の運動

2.一般対人ストレスによる過敏・疲労反応

 ①外出
  0.外出できない
  1.夕方・夜間・休日(近くのコンビニ等)可能
  2.昼間(勤務時間)外出可能
  3.次に人と会う予定がある

 ②近隣とのつきあい
  0.近隣と会うのを避ける
  1.隣人とのあいさつ可能
  2.近隣との立ち話程度可能
  3.近隣の会合参加可能

 ③子どもの相手
  0.子どもがうるさい
  1.一緒にいられる
  2. 屋内で短時間なら相手できる
  3. 比較的長時間相手できる・外で遊べる

 ④.職場外での対人関係
  0.電話にでることができない(ベルにびくっとする)
  1.電話では他人、会社以外の友人、親戚との会話可能
  2.職場外友人の来訪、自身の親戚来訪への応対可能
  3.姻戚の来訪への応対可能
  4.職場外友人と外で会う・会食可能
  5.姻戚宅への配偶者と一緒の訪問可能

3.職場関連ストレスによる過敏・疲労反応

 ①職場情報
  0.職場に関することは話もできない。すべてに過敏・疲労反応
  1.家族となら会社事項も話せる
  2.職場からの郵便・文書を処理できる
  3.休日・夜間なら職場近くへ行ける

 ②職場関連対人関係
  0.職場からの電話にもでることができない、
    でたら強い過敏・疲労反応
  1.職場からの電話にでるが、過敏・疲労反応が軽度生じる
  2.職場からの電話(同僚、上司、人事)対応可能
  3.職場関係者訪問対応可能
  4.職場への訪問可能(過敏・疲労反応は、緊張亢進、入眠悪化、
    途中覚醒、悪夢や多夢、起床悪化で判断)

Ⅳ.自殺危険性・・・・・・凡そ該当する評価段階に○

 0.自殺企図の既往がある。
   死について具体的に考えることがある
 1.自殺企図の既往はない。
   普段は考えないが頭の隅には死に関する考えが残存している
 2.自殺企図の既往はない。
   自殺を考えたことを思い出すこともあるが、
   家族や周囲への迷惑となるし、死が解決の手段とは思わない
 3.自殺企図の既往はない。
   死によって何も解決しない、今後その様な考えが生じたら
   すぐに相談するようにしたい

Ⅴ.復職可能診断のいきさつ・・・・凡そ該当する評価段階に○

 1.今回の「復職可能」診断のきっかけは、
  1.患者の希望によるもの
  2.家族の希望が働いたもの
  3.医師の判断による
  4.患者の希望と医師の判断の一致によるもの

 2.患者の希望による場合、医師は、
  0.医師はまだ早いと感じている
  1.復職への本人の焦り(喪失を取り返したい、収入確保など)がある
  2.職場の復職期待・意向による無理がある
  3.家族の希望・意志が働いた無理

 3.患者の復職希望の適切性
  0.早すぎる、病状再燃の可能性がある
  1.やや早すぎる、準備期間が必要
  2.復職訓練(職場または職場外)を試みてもよい
  3.軽減勤務なら可能
  4.今からでも復職は可能

 4.家族の復職をめぐるサポートの適切性
  0.無理な・患者の負担になる要求がある
  1.後押ししすぎ
  2.サポート不足
  3.適切なサポートがある

 5.復職を巡る職場の対応の適切性
  0.治療や回復に却って妨げになる対応がある
  1.積極的対応がない
  2.対応の柔軟化や改善が望まれる
  3.適切な対応がある(健康管理システム、相談体制)

Ⅵ.病気の理解と自己管理・・・・・・凡そ該当する評価段階に○

1.うつ病に関する理解

 ①症状や病気
  0.理解がない
  1.いろいろの困難を症状として理解
  2.薬物療法などの治療の必要性の説明を理解している
  3.自ら本などでも学んだ
  4.集団の演習(SST/デイケア)でも学んだ

 ②成因
  0.ストレスの関与への理解がない
  1.今回のエピソードの前のストレス、生活上の無理の自覚
  2.性格的な側面の関与の自覚
  3.再発注意のための具体的な対策を考えている

2.自己管理

 ①ストレスを避ける方法
  0.何も学んでいない
  1.言葉に出してはいえる
  2.本などで学んでいる
  3.デイケア場面などで観察されている

 ②服薬の必要性自覚と実際の服薬状況
  0.飲み忘れや中断あり
  1.主治医や家族に言われると服用する
  2.飲み忘れは月に数回以下、本などで学んだ
  3.必要性を自覚しほぼ忘れることなく服薬

 ③定期受診・相談ができる
  0.自らは受診しない
  1.家族に促されると受診する
  2.自ら受診するが、肝腎な相談はしない
    (家族が主治医に伝える)
  3.自ら定期受診、必要に応じて臨時にも受診し相談する

 ④相談しサポートを得られる
  0.医師以外に相談する人がいない
  1.家族には何でも話せる
  2.相談できる友人もいる
  3.職場にも相談できる同僚・上司、健康管理担当者がいる



共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。