So-net無料ブログ作成

レストレスレッグス症候群(restless legs syndrome:RLS) むずむず足症候群

レストレスレッグス症候群(restless legs syndrome:RLS):むずむず足症候群。

睡眠中に周期性四肢運動(periodic limb movement:PLM)と呼ばれる足関節の不随意性の背屈運動を,約80%の患者で伴う。このため、RLS患者は,主に睡眠障害を主訴として受診することが多い。
簡単に言うと、足がむずむずして眠れない。
睡眠不足の結果として、日中の疲労感、傾眠、焦燥感、不安、抑うつ、困惑などがみられる。さらに、家庭や職場でのパフォーマンスが低下し、評価が下がることがある。長時間座っていられないこともある。

米国における有病率は10%前後と推定されており、RLSの発症年齢は、20歳以下の若年層における初発が全体の45%近くにおよび,その後加齢とともに漸減する傾向がみられる。一方、51歳以上69歳以下の層でも15%以上と高い値を示し、二峰性を示す。
特発性RLSにおいては,遺伝的要因が明確に関与していると思われる例が全例の40%以上を占め,関与が疑われる例を含めると半数以上に達する。

RLSと鉄欠乏との関連についてはよく知られているが、RLS患者の血漿中の鉄濃度やフェリチン濃度は正常であることが多い。しかし、CSF中のフェリチンおよびトランスフェリン濃度を調べてみると、鉄欠乏が示唆される。

中枢ドーパミン機能障害が関与している可能性が高い。RLSと中枢ドーパミン機能については、ドーパミン療法がRLSに奏効する点、パーキンソン病とRLSの合併が多く認められる点、PETによる観察により、D2受容体、尾状核、被殻においてドーパミン結合の低下が認められる点などから、両者が密接に関連することが示唆されている。また、鉄はドーパミン合成の律速酵素であるチロシンヒドロキシラーゼの補因子であるため、鉄とドーパミンの相互作用がRLSに関与している可能性もある。

RLSの診断にあたっては、病歴を確認し投薬歴についても聴取する必要がある。神経学的診断に関しては、特発性RLSでは特異性のある異常所見がないある場合もあり、注意が必要である。

RLSは比較的診断のつきやすい疾患であり,治療も奏効することが多いため,患者の早期発見に努めることが重要である。

不眠といっても、睡眠導入剤だけでは解決しない例。

*****
治療については、大きく分けて、ベンゾジアゼピン系、ドーパミン系、抗てんかん系、さらに文献によれば、高血圧の薬、たとえばインデラル、抗うつ剤、たとえば、SSRI、四環系、三環系などがある。
従って、まずランドセン。ベンゾジアゼピン系で眠くもなり、抗てんかん作用もあるので合理的と解釈しているが、本当の作用機序は不明。
ドーパミン系ならばビ・シフロール。これもメカニズムは不明。鉄剤たとえばフェロミアを加えるのもトライする価値はあるかもしれない。
インデラル、ジェイゾロフト、デジレル、トリプタノールなどは、これらを使うまでもなく、解決したので、経験がない。



共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。