So-net無料ブログ作成

統合失調症におけるARMS(at risk mental state)

統合失調症を含む早期精神病(early psychosis)の前駆期状態を
操作的に診断するために開発された。
後方視的(prodromal)ではなく
前方視的(at risk)な観点でのもの。

前駆期状態専門クリニックPACEが提案。

ARMS(at risk mental state)についてのPACEのUHR基準(Ultra high risk)

グループ1:弱い(域値下の)精神病症状群(Attenuated Psychotic Symptoms)
       以下の症状のうち少なくとも一つ存在……関係念慮、奇異な信念または魔術的思考、
       知覚障害、妄想様観念、奇異な思考や会話、奇異な行動や外見
       
       症状の頻度……少なくとも週に数回
       精神状態の変化は少なくとも1週間以上で5年を超えない

グループ2:短期間欠型精神病群(Brief Limited Intermittent Psychotic Symoptoms:BLIPS)
       一過性の精神病症状……以下のうち少なくとも一つの存在:関係念慮、魔術的思考、
                       知覚障害、妄想様観念、奇異な思考や会話
       エピソードの持続は1週間以内
       症状は自然に自然に軽快する
       BLIPSは過去1年以内に生じていなければならない

グループ3:素因と状態の危険因子
       第一親等親族に精神病性障害または本人が統合失調症型パーソナリティ障害
       精神状態または機能に優位な低下……少なくとも1ヶ月続き5年を超えない
                               (GAFで病前から30点の低下)
       機能低下は過去1年以内に生じている

*****
ここで問題にしているリスクは
統合失調症ばかりではなく、急性一過性精神病、精神病レベルのうつ病などを含むもので、
それらを総称して早期精神病(early psychosis)と呼んでいる。

この基準で観察すると、
当初1年間で40パーセントが精神病に移行したとされた。
しかしその後は移行率は低下している。
受診者増により「偽陽性」が増えているものと思われる。

広く考えれば、健常者も一時的には精神病様体験 psyckotic-like experience(PLEs)をしているもので、その中の何が本質的に、精神病の始まりと関係しているのか、今後の研究が必要である。



共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。