So-net無料ブログ作成
検索選択

こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳

最近よく使う本として
こころが晴れるノート―うつと不安の認知療法自習帳
創元社 (2003/03) 創元社 大野裕
がある。
1111111.jpg

1.ストレスに気づこう
2.問題をはっきりさせよう
3.バランスのよい考え方をしよう→別の考え方はできないか提案してみる
4.問題を解決しよう
5.人間関係を改善しよう
6.考え方の癖(スキーマ)に挑戦しよう

というような項目が並んでいる。

*****
わたしとしてはこれでも複雑過ぎるくらいで、

1.問題点をはっきりさせる
2.別の考え方ができないか検討する
3.実行する

これでいいと思う。

*****
私流に言えば、
1.別の考え方をして、
2.まず頭の中でトライ・アンド・エラー
3.そのあとで実際にトライ・アンド・エラー

前半は、自意識の世界モデルを変更する作業、
後半は、自動機械の世界モデルを変更する作業である。

これってすっきりしていると思うが、どうだろう。

*****
相手が自分を嫌っているのではないかもしれない、
相手が仕事を嫌がっているわけではないかもしれない、
別の理由があるかも知れない、
蛇口はしまっているかもしれない、
トイレは不潔ではないかもしれない、
そんなに悪いことばかりではないかもしれない、
次に出会う人は自分にぴったりの人かもしれない、
いろいろに考えてみて、
トライ・アンド・エラーでいいと思うのだが。
どう?

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。