So-net無料ブログ作成
検索選択

中心感覚 辺縁感覚

対象を網膜の中心部で見る場合と、
網膜の周辺部で見る場合とは、
違いがある。

夜空の星を見ていて、
中心部で印象に残らなかった星が、
視線を動かし、視野の周辺部にいったときに、
とても印象的に見えることがある。

これは、網膜中心部には色を見分ける細胞が多くあり、
網膜周辺部には、明暗を見分ける細胞が多くある。

だから、辺縁部のほうが、明暗の変化には敏感であることがある。

*****
視野の中心に何かが見えていたとして、
ずっと見続けていると、目が慣れてしまうし、
中心部には盲点もあるし、
そんなことで、ときどきは視野をずらして、
中心部にあるものを周辺部に移動してみたらどうだろう。

新鮮に感じられるかもしれない。

*****
視野の中心にあったときには
脳の同じ回路で同じように処理されて、
同じ結論しか出ないかもしれない

視野の周辺部で眺めてみれば
違う側面が見えてくるかも知れず
脳の違う回路で処理することになり
新しい展開になるかもしれない

多いのは夫婦関係で
いつもの関係なのでいつもの回路しか働かない
そんなことになってしまう

たまには別の回路を働かせよう



共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。