So-net無料ブログ作成

モントゴメリー / アスベルグうつ病評価尺度自己評価版 (MADRS-S)

モントゴメリー / アスベルグうつ病評価尺度
: 自己評価版
(MADRS-S)

Svanborg, P., Asberg, M., 1994. A new self-rating scale for depression and anxiety states based on the Comprehensive Psychopathological Rating Scale. Acta Psychiatr. Scand. 89, 21-28.
Svanborg, P., Asberg, M., 2001. A comparison between the Beck Depression Inventory (BDI) and the self-rating version of the Montgomery Asberg Depression Rating Scale (MADRS-S). J. Affect. Disorders 64, 203–216

 MADRS の中にあった「外見に表出される悲しみ」という評価項目は、自己評価できない項目のため削除されており、そのため、この自己評価版は全部で 9 項目になっています。


本評価尺度の目的は、あなたの現在の精神状態を詳しく知ることです。過去 3 日間の精神状態と照らし合わせて記入してください。
各質問項目には、評価のポイント数とこれに呼応する精神状況が記されています。それを参考に自分の状態を判断してください。ポイント数は苦悩の度合いに応じて設定されており、最低 0、最大で 3 となっています。各項目について、あなたの過去 3 日間の精神状態に最も近いと思われるポイントの数値を丸で囲んでください。
あまり考え過ぎず、できるだけテンポよく回答するようにしてください。

 

1. 気分
悲しいのか、陰うつなのか、あなたの気分について記します。ここ過去 3 日間で、気分に変化があったか、ほとんど同じであったか、思い出してみてください。特に、何かいいことがあって陽気な気分になったことがあるか、振り返ってみてください。

0

状況によっては、明るかったことも、暗かったこともある。

0.5

 

1

時々楽な気分になることもあったが、ほとんどは少し落ち込み気味だった。

1.5

 

2

本当に落ち込んで陰うつな気分だった。普段は楽しいことも、何も楽しくなかった。

2.5

 

3

自分が惨めに感じるほど落ち込んでおり、最悪の気分だった。

2. 不安
過去 3 日間にどの程度、内的緊張、不安、心配、またはもやもやとした気持ちを経験したか思い出してください。そうした気持ちの強さは?今はそのような気持ちがもうなくなってしまったのか、あるいはずっと存在しているのか。

0

いつも大体落ち着いていた。

0.5

 

1

時々、不安で楽しくない気分になった。

1.5

 

2

常に不安な気持ちに支配されており、それが時に強くなり、克服するのが困難に感じた。

2.5

 

3

強烈で堪え難い不安な気分をずっと持ち続けている。

3. 睡眠
ここでは睡眠について記します。過去 3 日間の睡眠時間、睡眠の深さはどれくらいでしたか。ここではあくまで実際の睡眠だけを評価するので、睡眠薬を服用したかどうかは問いません。いつもよりたくさん寝たと思ったら、0 に印をつけてください。

0

睡眠については何の問題もなく、いつもと同じように寝られた。寝つきも良好。

0.5

 

1

やや問題がある。寝つきが悪かったり、眠りが浅かったり、あるいは疲れがとれないことがあった。

1.5

 

2

いつもより睡眠時間が少なくとも 2 時間短かった。理由もなく、夜中突然目がさめることがよくあった。

2.5

 

3

ほとんど眠ることが出来ず、睡眠時間は毎日 3 時間以下。

4. 食欲
ここでは食欲について記します。食欲に関し、異常がなかったかどうか、思い出してください、もしいつもより食欲が旺盛だったら、0 に印をつけてください。

0

食欲は特にいつもと変わらなかった。

0.5

 

1

いつもより食欲がなかった。

1.5

 

2

ほとんど食欲がなかった。何を食べても味がなく、無理して食べなければならなかった。

2.5

 

3

まったく食べる気がしなかった。食べ物を飲み込むことさえ一苦労だった。

5. 集中力
ここでは思考や、行動に対する集中力について記します。集中力を要する作業をどれくらいうまくこなせたか、思い出してください。例えば、難解な書物を読む時、新聞のような軽い読み物、あるいはテレビの視聴など、集中力の程度を比較します。

0

集中力にはまったく問題ない。

0.5

 

1

時折、いつもは興味を持っていたこと (例 : 読書、テレビを見る) に集中するのが難しいと感じた。

1.5

 

2

いつもは何の苦もなく行っていた行為 (例 : 読書、人との会話) に集中することがほとんどできない。

2.5

 

3

全ての物事に対し、まったく集中できない。

6. 自発性
ここでは物事を成し遂げる能力について記します。やるべき事にとりかかる際、どの程度苦労したか、あるいは楽だったか。さらに何か行動するにあたって、どのくらいの心的抵抗 ( 無気力感 ) に打ち勝たなければならなかったか。

0

新しい作業に取りかかる際、何の問題も感じなかった。

0.5

 

1

何かに取りかかろうとすると、いつもにはない困難さを感じた。

1.5

 

2

普段は何も考えずにできるような簡単な作業でも、開始するのに多大の労力を要した。

2.5

 

3

日常的な些細な行為でさえ、取りかかることができなかった。

7. 興味・関心
ここでは周囲に対する関心について記します。周囲の人間、通常楽しいと感じる行動など。

0

周囲に興味を持ち、自らも関与しているという事実が、自分に喜びを与えてくれた。

0.5

 

1

いつもは面白いと思う事柄に対し、あまり関心が湧かない。何か理由があっても、喜んだり、怒ったりできない。

1.5

 

2

たとえ友人、知人相手であっても、まったく興味が持てない。

2.5

 

3

何の感情も持てない。身近な人間に対してもまったく無関心。

8. 悲観
ここでは将来や自分自身についての考えを記します。自分がどの程度自己批判的であるか、例えば、罪悪感に悩まされていないか、または金銭や健康について必要以上に悩んでいないか。

0

自信を持って将来を展望することができる。全般的に人生に満足している。

0.5

 

1

自己批判的になり、自分が他人よりも価値ない存在だと感じることがある。

1.5

 

2

失敗についてくよくよ考え、たとえ他人が同意しなくても、劣等感や無気力感を感じる。

2.5

 

3

目の前が真っ暗で、何の希望も見えない。自分が何の役にも立たない無価値な人間と感じられ、過去の行いをまったく許すことが出来ない。

9. 生に対する欲求
ここでは人生に対する熱意を記します。人生に疲れたと感じますか?これまでに自殺を考えたことはありますか?もしあるなら、どれくらい真剣でしたか?

0

自分の生に対する欲求は普通。

0.5

 

1

死にたいとは思わないが、人生に意味を見出せない。

1.5

 

2

死んだ方がマシだと考えることがよくある。決して自殺したいとは思わないが、可能な選択肢の一つと考える。

2.5

 

3

死ぬことが唯一の解決法であると確信している。どのように自らの命を断つか、そればかり考えている



共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。